So-net無料ブログ作成

非常食 の話 - 昔懐かしビスケットのような・・・ - [料理・食べ物]

 2008年になりました。昨年から引き続き、ご愛読、ありがとうございますm( _ _)m。
平成もあっという間に20年!来年は『平成』っていう元号も『はたち(二十歳)』なんですねぇ。最初の頃は『昭和』が長かったせいか ?! 馴染むまで『?』って感じでしたねぇ。今となっては笑い話。でも、この話が世の大半の方々に通じなくなったら・・・それは本気で悲しい。。。(と思うので、若者に『昭和の人』と、骨とう品扱いされる程度のコトは『しゃーない。』と割り切って生きているぴょん太です。)

 さて、今回その昭和を飛び越えて『大正』から愛されているロングセラー(スゴイゾ!)『堅パン』(日持ちもするのでロングライフ)を皆さんにご紹介しようと思います。

 

賞味期限は1年半位先で、『くろがね 堅パン』。『ケンコーコム』さんで通販購入。『株式会社スピナYK』さん(北九州市)で製造されているそうです。(「ケンコーコム」さんは、ネット検索で「堅パン くろがね」でHITしますヨ。)

 大正末期に『官営 八幡製鐵所』の従業員用に開発されたもので、当時は栄養補助食品だったそうです。文字通りマジ堅いッス。でも、乾パンとも違います。歯ごたえは・・・30-40年前の千歳飴っぽいです。(甘党は今も変わらない。。。)でも、味というか見た目というかは・・・当時の『ABCビスケット』を思い出します。(あー、コレで当時もそれをひそかに食べて喜んでいたコトがバレるなぁ。あの時は隠れ甘党だった。。。)

 この『堅パン』、歯の耐久性テストをする勇気は毛頭ないので(汗)・・・緑茶に浸し、やわらかーくしてから、チビチビ食しています。多少浸した位では表層部分が微妙に溶ける位なので根気が必要です。でも、この待ち時間が(お茶が少し冷めるのを待ってのんびりとすするのと同じで)、実は『至福の時』デス。自分のために贅沢に時間を使っているっ!と実感できます。最近は京都の『一保堂』で年末にGETした「大福茶」と共に楽しんでいます。せっかく新しい抹茶を手に入れたのに・・・今年も初釜をやる気力はありませんが・・・花びら餅と抹茶、堅パンと大福茶、今年も甘党ぴょん太にとっては幸先の良いスタートとなりました!

※「大福茶」 は、年末(12月)頃販売していた、期間限定品だったようです。現在、他のお茶なら『一保堂』さんのオンラインショップでも購入できます。m( _ _ )m


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 1

とぉ~てもご無沙汰しております・・・
自分のブログの更新はする元気は無かったので
遊びにきただけなのです。が。。。
最近乾パンも変わりましたが・・・これは元祖みたいなものなのでしょうか
すごいネーミングですね。。。堅いパン・・・堅パン
この前地元の消防訓練に出させられ、お土産は国が保存してある
賞味期限が近い乾パンでした・・・
沢山もらいましたが・・・何も起こらなければいいですが。
by (2008-02-12 22:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。